トップ

カラコン基礎知識

はじめてカラコンを作るとき

コンタクトレンズは高度医療機器です。眼科で検査を受け、コンタクトレンズの処方せんをもらってください。
ご注文時に処方データが必要になります。視力に問題がない方は、「度なし」お選びください。
ドライアイ、アレルギー性結膜炎など目にトラブルがある状態での使用はご遠慮ください。

サンドイッチ構造について

サンドイッチ構造

当店取扱いメーカーの商品は、色素の湧出・毒性試験においてISO規格およびCEマークなどの国際規格に準拠し、すべて「サンドイッチ構造」で製造されております。

デカ目カラコンとは

当ショップで取扱いのカラーコンタクト(デカ目カラコン)は、「瞳を大きく、目ヂカラアップ」をコンセプトに開発され、その虹彩径(着色径)は13.7~16.0mmとなっています。このためすべて瞳が約10%以上大きくなり(※デカ目)、黄金比率の目もと(※瞳が目の横幅の50%前後を占める美しい目もと)を実現します。なお、当店の定義でのレンズ直径や着色径の測定方法はそれぞれ曲面測定、平面測定となっており、参考データとなりますので、お客様の自己測定と若干の誤差が生じる場合がございますので、その点あらかじめ ご了承くださいませ。(曲面測定:そのままの形状での測定、平面測定:垂直に圧力をかけ平面にした状態での測定)

最近では、「カラコン」・「アイプチ」・「つけまつ毛」はアイメイクの”三種の神器”と言っても良いほど、美人メイクになくてはならないアイテムになっています。カラコンで瞳を大きくして、アイプチやつけまつ毛で全体のバランスを調整すると、イメージどおりの美しい目元に変身することができます。

サークルレンズ

ご注文時のレンズデータについて

コンタクトレンズの処方せんには、BC(ベースカーブ)、Power(度数)、DIA(直径)が記載されています。処方データをご確認の上ご注文下さい。

・BC(ベースカーブ)・・・眼球(レンズ)のカーブの度合い

・ Power(度数)・・・マイナスで示してあるのが近視の度数 (度なしはゼロ、遠視はプラス)

・ DIA(直径)・・・レンズの大きさ

※Power(度数)と視力を混同して注文されるケースがありますが、処方データでご注文ください。同じ視力でもPower(度数)は人により全く異なります。

ベースカーブ許容範囲

※ BC(ベースカーブ)は、処方データの±0.2㎜までの数値であれば使用可能とされていますので、処方データに一番近いベースカーブのカラコンの中から商品をお選びください。ただし、違和感やズレを生じる場合がありますので、処方データと同じベースカーブがない場合は、数値の小さい方を選ぶようにしてください。

レンズの着脱方法

レンズ装着方法

レンズの外し方

装着スケジュール

通常のコンタクトレンズは、終日装用可能とされていますが、カラーコンタクトの場合は事情が異なります。
着色部分がある事により、瞳への酸素供給が少なくなるため1日6-8時間とされています。また、目が疲れていたり、かゆみ、違和感や充血など異常があるときは使用を控えてください。症状が続く場合は医師を受診し、症状がおさまってから使用を再開してください。眼ヤニが多い目の状態で使用しますと、目の症状を悪化させるだけでなく、レンズの寿命も極端に短縮してしまいますので注意が必要です。近視のある方は、眼鏡も作っておくようにしましょう。

レンズケアについて

当店の商品は、1日タイプや1カ月交換ではなく、メーカー指定の使用期限6-8ヶ月ですが、装用方法や、洗浄方法、保存方法など日常のケアにより汚れ、破損などが原因で期間が短縮してしまう恐れがあります。また、アイラインをまぶたぎりぎりまで引くと、涙に混じり目の中に油脂が入ってしまい、レンズにとれない汚れが固着しますので注意が必要です。爪にレンズが当たって亀裂が入ることもありますので、指の腹でていねいにレンズを取り扱うようにしてください。

一般に、レンズケア用品にはこすり洗いタイプとつけおき消毒タイプがありますが、つけおき消毒タイプにはカラーコンタクトに対応していない商品がありますので、洗浄、消毒、タンパク質除去が一本で可能なこすり洗いタイプ(マルチパーパスソリューション、以下MPS)を推奨します。
カラコン使用後毎回、指の腹で一方向に20-30回やさしくこするようにMPSで洗浄し、MPSでレンズを軽くすすいでからケースにレンズとMPSを入れて消毒・保管します。通常、MPSにはレンズケースが付属していますので、同じレンズケースを長期間使用せず、新しいものと交換してください。雑菌が繁殖し重大な目のトラブルを起こす原因になります。また、違和感を感じたり、装着感が悪くなってきた時にも、同じ手順で洗浄してください。

洗浄方法

  • 洗浄

    レンズを眼からはずし手のひらにのせ、本剤を数的つけて、レンズの両面を各々、20~30回指で軽くこすりながら洗います。

  • すすぎ

    洗ったレンズの両面を本剤でよくすすぎます。

  • 消毒・保存

    レンズケースに本剤を満たし、その中にレンズを完全に浸し、ケースのふたをしっかり締めます。そのまま4時間以上放置して、消毒は完了です。レンズはすすがずに、そのまま装用できます。

使用後のケースは空にして、本剤で良く洗った後自然乾燥してください。
注:週に一度はタンパク除去を行ってください。
洗浄方法は、オプティフリー・コンプリート。レニューなどを使った洗浄方法です。

レンズの表と裏について

コンタクトレンズには表と裏があり、間違って装着すると違和感やレンズ破損の恐れがあります。メーカー出荷時に商品がビンの中で裏返しになっている場合がありますが、指の腹でレンズを反転すれば正しく装着できます。
*コンタクトレンズが裏返しになっている場合、指の上にレンズを乗せて真横から見たときにレンズの端の部分がきれいなカーブを描かず、そり返っていることが確認できます。不良品と判断する前に必ずご確認ください。

レンズの表と裏の図

眼科での検査について

コンタクトレンズデータ処方や目にトラブルがある時の眼科での検査をみてみましょう。

眼科での検査について

当店のサービスについて

日本国内で販売されているカラコンはほとんど韓国製か台湾製ですが、着色径が小さい上にバリエーションが極端に少なく、1日使い捨て、2週間タイプ、1カ月交換などのデザイン性に乏しい商品が多いのは、ヨーロッパ、アメリカ、韓国のほとんどの製造メーカーが日本の承認を得るのに莫大な時間とコ ストがかかり、ベストセラー商品をリアルタイムにユーザーに提供できない事情があるからです。ただし、個人輸入であれば、薬事法の範囲内でこれらの商 品を合法的に適正価格で入手する事が可能です。当店では、この個人輸入を代行することにより、ご購入サポートをしております。